社会に蔓延る
労苦〈Toil〉をなくす
プラットフォーマーになる

Create platforms.
Eliminate toil. Liberate people

Message

どこまでも作り続ける

創業してから数年。
社会も技術も数年で大きく変わることを肌で感じてきました。

私たちスリーシェイクは、
社会の根幹を支えるような、イノベーティブなプロダクトを
連続的に生み出すことをミッションとしています。
そのためには靭やかで粘り強いチームを構築していく必要があります。
そこで次のようなチームポリシーを掲げました。

「全員が主役、お互いを尊敬/尊重し、切磋琢磨しながら新しい未来を楽しく切り開いていく」

プロフェッショナルとして、自分の取組に誇りを持ち、楽しむ。
そんな理想的な日々を送れる文化がスリーシェイクにはあります。
そのチームが作り出すプロダクトが普通なはずがありません。
きっと世の中をびっくりさせるようなプロダクトになるはずです。

これからの私たちの挑戦、楽しみにしていて下さい。

代表取締役社長

吉田 拓真

2011年DeNA入社後、インフラエンジニアとして決済代行ペイジェント社の基盤担当。AWSの東京リージョン進出時からのユーザーで、クラウドプラットフォームが社会に与えるインパクトを痛感。2013年に創業期のポッピンゲームズジャパン株式会社に入社し、インフラレイヤーを統括しつつ、ゲームプロデューサー、事業戦略室室長など、ベンチャー創業期の技術・事業・経営を全般的にリード。日本発のインフラプラットフォームを作るべく2015年1月に株式会社スリーシェイクを設立。1987年生まれ。東京都出身 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了(量子工学)

Origin

スリーシェイク(3-shake)の由来は、
ネットワーク技術用語の「3 way handshaking」から名付けました

インターネットの根幹を支えるベースとなるこの技術のように、
社会の根幹を支え、イノベーションを加速させるようなサービスを提供し続けることが私たちの使命です。

Mission

インフラをシンプルにして
イノベーションが起こりやすい世界を作る

あらゆる人が考えついたアイデアが
最短でWebサービス、ITシステムに実現され、
世の中がイノベーションで溢れる社会を目指します。

昨今のデジタル化に伴い、社会変革を行うためには、資本を持たずとも良いアイデア・行動力・仲間がいれば、以前と比べて容易に実行できるようになりました。
一方、資本の代わりに「エンジニア」が不在では何も生み出せない社会にもなりました。

どんなに素晴らしいアイデアや意欲、仲間が揃っても、エンジニアのリソースや技術が不足すれば実現させるのは困難です。
人類全員がエンジニアになれば解決するという問題ではなく、世の中がエンジニアリソース/技術を過大に要求するよう変移したのではないでしょうか?

無数のxTech/OSS/SaaSが生み出されますが、それらを選別し駆使してこそ、初めて価値あるサービス/ITシステムが作成・運用できます。
つまり、アイデアからサービスを生み出し滑らかに運営するまでのプロセス/Ops(インフラ)が以前より格段に複雑になったのです。
欲しいものは技術そのものではなく、技術が生み出す価値の恩恵であり、それらを出来るだけ素早く、多く、十二分に受けることが重要なはずです。
この点をシンプルにしなくては、変革はいつまでも起こりづらいままです。

スリーシェイクはこれを社会の課題と捉え、私たちの持つ技術力によって解決できるよう活動しています。

Vision

労苦〈Toil〉を無くすサービスを
適正な価格で提供し続ける

世の中に溢れる、手作業であり長期的な価値を持たない業務
=労苦〈Toil〉を無くすような様々なサービスを
みなさまの手に届く適正な価格で提供し続けます。

スリーシェイクは、社会インフラとして世の中に必要とされるもの、願わくば、私たちのサービスが無くなれば世の全サービスが止まってしまうほど、社会にとって必要不可欠としていただけるような優良なサービスを提供できる会社を目指しております。

特に、xTech/OSS/SaaSが無限に発展していく中で、同時多発的に発生するプロセスの複雑さ(労苦〈Toil〉)を解消するサービスを、適正な価格で提供することに尽力いたします。

これは、単にノーコード/ローコードのプロダクトを作るという話ではありません。
全ての方がクリエイティブな業務に従事できる社会を目指すために、ワンソリューションで完結することはありえません。

私たちが考える本当に必要なものとは、

  • 適切なカルチャー
  • 適切なエンジニア供給/育成
  • 適切なITソリューション

であり、この3つが最低限存在し無ければ実現し得ないと考えています。

スリーシェイクは世の中のプロセスをシンプルにするために、この3点を、あらゆるレイヤーで、誰もが恩恵を受けられる適正な価格で提供し続け、私たちが社会の根幹を担っていくことを使命とします。

Philosophy

スリーシェイクの価値基準

  • 01

    社会を変えられるのか

    私たちが提供する価値は、社会活動(エンジニアリング組織やその周辺の活動)に対して根底(Core)を捉えているのかが大事だと考えます。
    それは必ずしも世界初を目指すことではありません。
    既に存在するプロダクトやサービスが何かしらの理由で(レガシーな技術やUIUX、価格など)社会を変革できていないこともあります。
    それは非常に勿体ないことですので、私たちの手でその課題を解決し、世の中の根幹を支え、より良くしていきます。

  • 02

    テクノロジーが価値に変わっているか

    あらゆる問題解決に知恵とテクノロジーを融合し、
    「社会に貢献し、同時に技術を利益に変えていけるプロフェッショナルなテック集団」であり続けます。

  • 03

    価値提供達成に向けて熱い想いがあるか

    社会を変えていくような本質的なモノゴトの達成は、一朝一夕では実現できません。
    長い間、課題に正面から向き合い、悩み、一つずつ解決していく中で、
    私たち自身が目の前の課題や提供したい価値に熱い想いが無ければ続けることはできません。
    熱い想いさえあれば、例え最初は吹けば消えてしまうような灯火でも、
    徐々に火の塊となり沢山の人を動かし、最後に太陽のように光り輝く未来が実現できるからです。
    この熱量がモノゴトの根幹を支えるエンジンだと考えます。

Company Overview

  • 会社名

    株式会社スリーシェイク(3-shake Inc.)

  • 所在地

    本社 
    〒160-0015 東京都新宿区大京町22-1グランファースト新宿御苑3F・4F 
    Googleマップ

  • 設立

    2015年1月

  • 代表者

    代表取締役社長 吉田 拓真

  • 従業員数

    110人

  • 沿革

    2015年1月

    自宅にて創業 クラウド構築運用支援を開始

    2016年6月

    東京都千代田区岩本町へオフィス移転

    2017年1月

    東京都千代田区岩本町へオフィス移転

    2018年8月

    SRE構築総合支援サービス「Sreake」をリリース

    2018年10月

    広告配信PaaS「3-shake AdNetwork」をリリース

    2018年11月

    東京都千代田区東神田へオフィス移転

    2020年1月

    データ連携プラットフォーム「Reckoner」をリリース

    2020年5月

    セキュリティサービス「Sreake Security」(現「Securify」)をリリース

    2020年12月

    フリーランスのITエンジニア向け人材紹介サービス「Relance」を提供開始

    2021年1月

    シリーズAラウンドにて総額5億円の資金調達を実施

    2021年5月

    東京都新宿区大京町へオフィス移転

    2021年9月

    バグバウンティ運用代行サービス「Bugty」をリリース

    2022年8月

    シリーズBラウンドにて総額8.48億円の資金調達を実施

    2022年9月

    自動脆弱性診断ツール「Securify Scan」をリリース

本社

〒160-0015 東京都新宿区大京町22-1グランファースト新宿御苑3F・4F

アクセス

〔東京メトロ丸ノ内線〕
四谷三丁目駅 徒歩5分

〔東京メトロ丸ノ内線〕
新宿御苑前駅 徒歩6分

〔都営大江戸線〕
国立競技場駅 徒歩12分

〔JR中央線〕
千駄ヶ谷駅 徒歩13分

〔都営新宿線〕
曙橋駅 徒歩13分

ご依頼・ご相談など
こちらからお問い合わせください

お問い合わせ